審査に通らない...

消費者金融へキャッシングの申込をしてもなぜか審査に通らない、と言う方がおられます。

 

審査内容は公表されていないので正確な事はわかりませんが、口コミ情報などを見てみると審査に通らなかった理由が見えてきます。

 

審査に通らない理由

  1. 審査に通らない理由の多くに申込書の記入ミスや嘘の記載があります。
  2. 即日融資で借りたい時など、あわてて申込書に記入したため記入内容にミスがあり、例えば電話番号を間違えているという場合、いつまで待っても審査結果の連絡を受けられませんし、オペレーターも連絡が取れないという事で審査に通らない事があります。

     

    申込書は提出前に再度確認する事がポイントです。
    ほとんどの人がこんなことはしないと思いますが「自分の属性に自信がない」という事から嘘を書いてしまう人がいます。

     

    サイトによっては「年収や勤続年数を誤魔化せる」という情報を流しているところもありますが、ウソがばれると一括返済を求められる事もあるという事を知っておきましょう。

     

  3. 短期間に多くのキャッシング会社に申込をしていないか。
  4. キャッシングの申込をすると、どこの会社でも「信用情報機関」に問い合わせします。
    中でも新規の申し込みがあると「信用情報機関」の申込履歴に、リアルタイムで申込があった事が記載されています。

     

    短期間で複数社へ申込をするとすべて記載されているので「この申込者は短期間でいっぱい申込しているが、全部落ちているな」というのがバレてしまい、ますます審査に通るのが難しくなります。出来れば次へ申込む時は、時間を空けて申し込むのがポイントです。

     

  5. 総量規制の制限を超えていないか。
  6. 消費者金融は、貸金業法の総量規制が適用されるので、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないことになっています。

     

    例えば、年収300万円の人が借りられるのは最大で100万円までとなります。

     

    新たな借入を考える場合、A社で30万円、B社で40万円借りていたとすると、C社へ申込めるのは30万円以上の借入は出来ません。少しでも多くを借りたい場合は、現在借りている借入残高を減らす以外にありません

     

    ただし、銀行カードローンは総量規制の対象外になり、年収の3分の1以内という制限はないので銀行カードローンなら新たな借入が出来る可能性はあります。