消費者金融の審査基準について

お金を借りる時に「与信枠」という言葉が使われます。
申込者を一定の基準に合わせてランク付けをし、いくらまでなら返済が可能なのかを査定し、貸出限度額を決めます。

 

この基準は本人が知らないうちに、審査されているのですが、その調査の方法を知っていると、少しでも有利な借入額を貰うことができます。

 

気になる審査項目とは

クレジットカードを作成する場合、借入れをする意思がなくても、与信枠の審査があります。
この結果で上限枠は決まるのですが、場合によってはカード発行不可になる場合もあります。

 

消費者金融やクレジットカード、銀行カードローンでも審査の基本になるのは次の3つです。

  1. 年収
  2. 返済をするためには、収入がある事は絶対的な条件で、無収入や最低限の生活水準に満たない収入の場合には、審査に通らないことがあります。

     

    貸手にとって、返すあてのない人に多額の貸出枠を設定しても、貸し倒れになるのが目に見えています。

     

    審査のひとつの基準として、年収200万円のラインがあります。
    年収200万円以下の人はローン審査に通りにくいのは、生活費で収入を使いきってしまうため、返済に回せるお金を持ってないと判断されるからです。

     

    ただし、すべてがそうと決まっているわけではなく、人によって事情が違うので、200万円以下でも通る場合もありますし、300万円以上でも通らないこともあります。

     

  3. 他社借入残高
  4. 当然の事ですが、他社借入れがある場合、新たな借入は返済財源が少なくなるので、他所で借金をしている場合には、審査が厳しくなるわけです。

     

    ただ、借金がなくても限度額が低くなることがあります。
    すでに何枚ものカードを持っていると、借入枠が埋まってしまい、借りていなくても枠として余裕がないという事もあります。

     

  5. 利用履歴
  6. 既にキャッシングを利用した事のある方は、信用情報機関の個人情報で利用履歴が記載されています。利用履歴が白紙の場合は、何の問題もなくかえって信用度が高くなります。反対に遅延や延滞が記載されていると、新たな借入は厳しくなります。

     

    また、注意が必要なのはキャッシングの返済だけでなく、電話料金や公共料金の遅延や延滞も記載されてしまうので、普段から事故を起こさないように心がけましょう。