お金を借りたいと思った時に頼れるのが消費者金融でのキャッシングです。
消費者金融なら審査も非常にスピーディで、大手消費者金融は人気ランキングでも常に上位に位置しており、最短で30分回答となっています。

 

審査回答が早ければその分、融資までの手続きも短時間で融資が受けられるという事になりますので、急な出費の為にお金がすぐにでも必要になってしまった場合でも、消費者金融ならスピーディで、希望通りのキャッシングが出来る可能性があります。

 

スピード審査で即日融資

大手消費者金融は、申込みをした当日にお金が借りられる即日融資に対応しています。
パソコンやスマホ、携帯電話から申込みを行い、数十分後には審査結果の連絡があり本審査完了後、1時間程度で即日融資となり、振込みによる借入れも可能です。

 

振込み融資をしてもらえば、申込みから借入れまで店舗や契約機まで行く必要もないので、自宅にいながら文字通りの来店不要のキャッシングで、手軽に借りることが出来ます。

 

ただ、銀行振込みには注意点があります。

銀行振込みでの借入になるので、定められた時間内に契約手続きを終えないと当日中の扱いになりません。

 

大手消費者金融では、平日14時を当日振り込みの対応可能時間としているので、WEB契約による振込み融資を希望する際は、時間的に余裕を持って、申込を済ませましょう。

 

また、大手の消費者金融であれば、契約時に必要となる本人確認書類や、借入希望額や他社借入れ状況次第で必要となる所得証明書類についても、スマホなどで撮影したものを送信すればOKです。

 

わざわざコピーをとってFAXを送ったり郵送をしたりの手間がありませんので、スムーズに借入れが行えます。

 

必ず用意しなければならない書類

 

キャッシングの申込みの際に必ず必要となる書類と言えば、一昔前は申込書でした。

 

最近は消費者金融や銀行はインターネットでの手続きが基本となってきているので、申込者が間違いなく本人である事を確認するための書類が必要になります。

 

本人確認書類として使用できるのは運転免許証や健康保険証、パスポートなどがその書類に当たります。


 

  • 運転免許証
  • 本人確認書類は提出書類によって審査で影響する事があります。
    一番確かなのは運転免許証で、キャッシングの本人確認書類において確固たる地位を築いているのは、ひとえにその信頼性が高いからです。

     

    運転免許証を発行しているのは、各都道府県の国家公安委員会、つまり公的機関から発行しています。どこかの民間企業が発行した社員証と公的機関が発行した運転免許証、どちらの信頼性が高いかといえば、もちろん後者です。

     

    発行元がしっかりしているといった理由以外にも、運転免許証には偽造防止のための最新技術が盛り込まれていることが、信頼性を高める理由です。

     

  • 健康保険証
  • 健康保険証を本人確認書類として提出は、職業の証明にもなるということです。
    共済保険は公務員、社会保険は正規雇用の会社員の人しか持てませんので、それらの職業に就いている証明にもなります。

     

    キャッシングの審査において職業はきわめて重要な審査基準なので、本人確認書類で職業まで証明できるのは一石二鳥です。場合によっては社会保険証における職業、勤務先の証明による確認が可能となり、運転免許証に代わる本人確認書類として優秀です。

     

    国民健康保険は、誰でも持つ事が可能で、学生であっても自営業者でも持つことが出来ます。そのため、組合健康検証や、社会保険証と比べれば信頼度は低くなります。

     

  • パスポート
  • 運転免許証は運転する技能を有していないと発行してもらえませんし、健康保険証は保険料を納めていないと発行をしてもらえません。また、健康保険証は3種類ありますが、審査に有利だからと言ってサラリーマンでない人が共済保険の健康保険証を持つことはできません。

     

    その点、パスポートは申請すれば、誰でも持つことが出来ます。
    パスポート自体にもICチップが内蔵されており、偽造対策がしっかり施されている点も、本人確認書類としてはプラスポイントです。

 

収入証明書類を用意する

本人確認書類以外に用意しなければならない書類もあります。
消費者金融は総量規制で融資限度額は年収の3分の1以内と決められています。

 

そのため

  1. 借入希望額が50万円を超える場合。
  2. 借入希望額と、他社での借入残高の合計が100万円を超える場合。

は別途収入証明書類が必要になります。

 

収入証明書として使える書類として、一番は源泉徴収票です。
給与明細書も可能ですが、キャッシング会社によって1か月分でOKというところや、2か月分必要なところ、賞与の明細も必要なところなど、会社によって規定が異なっているので、事前に確認しておきましょう。

 

即日融資で借りる時は出来るだけ簡単に

即日融資で借りる時は、時間との勝負になります。
振込をしてもらう場合は基本的に午後2時までに契約を終えておく事が条件になるので、申込は午前中かもしくは、前日の夜に済ませておけば安心です。

 

即日融資で借りる時のポイントは、借入希望額を出来るだけ少なくするのもひとつの方法で、書類は本人確認書類だけに提出の範囲の借入希望額にする事が望ましいです。

 

初めての申込に50万円以上を希望すれば、収入証明書類も必要ですし、審査に時間がかかります。たとえ、50万円以上の借入希望額にしても初回は多くても50万円以下になるのが一般的なので、初めから50万円以下の希望額にすれば審査もスムーズに流れ、期待通りに融資が受けられるはずです。